山下智久と相武紗季の熱愛情報!ドラマ「ブザービート」で共演した北川景子と不仲の理由は彼のせい?

Pocket

山下智久さんは、1996年11歳でジャニーズ事務所に入所。ジャニーズジュニア時代から俳優としてご活躍。2000年に話題のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』に出演し大きな注目を集めました。その後、様々なドラマで主演を務められます。

2003年にアイドルグループ「NEWS」のメンバーとして「NEWS日本」でCDデビュー。2006年に「抱いてセニョリータ」でソロデビューしオリコンチャート1位を獲得。2011年に「NEWS」を脱退し、現在はソロ活動に専念されています

相武紗季さんは、2002年「夏の高校野球PR女子高生」へ応募し、このPRビデオを見たマネージャーにスカウトされ芸能界デビュー。2003年に『WATER BOYS』で女優デビュー。その後、様々なドラマ・映画でヒロインを務められるなどご活躍されています。

また、『ミスタードーナツ』『明治安田生命』『洋服の青山』など多数のCMに出演し「CM女王」としても有名です。

今回は、山下智久さんと相武紗季さんの熱愛について迫っていこうと思います。

山下智久と相武紗季の熱愛デートが目撃!

山下智久さんと相武紗季さんは、デートしているのを何度も目撃され、週刊誌やスポーツ新聞が熱愛疑惑を報じています

<スポンサードリンク>

こちらは「BUBKA」の記事。カラオケ店の店員がお二人を目撃したそうです。

ある日の新宿、某カラオケの客引きが深夜に相武紗季を発見!!はじめに彼女が立っていたのは、なんと自信がCMにも出演しているミスタードーナッツ前だったという。

「どんな相手と来ているのか興味があったので、ドリンクを運ぶついでに部屋を覗いてみたんですよ。そしたら、中にNEWSの山下智久がいたんです。他にも2-3人ほど人がいたけど、たぶん知らない顔だったと思う。」

こちらは、「東京スポーツ」の記事。

ブブカでもカラオケに一緒に行っているのを報じられていましたが、こちらは店員ではなく番組スタッフに目撃されたとあります。さらに吉祥寺の井の頭公園でも目撃されています。

「つい最近も新宿のカラオケボックスで山下と相武が一緒のところを『笑っていいとも!』のスタッフに目撃されたり、吉祥寺の井の頭公園で手漕ぎボートに乗ってはしゃいでいる2人を某俳優が見ている 」(関係者)

他にも目撃情報があるそうです。

多摩動物公園や葛西臨海公園などでもやはり業界関係者に目撃されているデート中の2人は顔を隠すわけでもなく実に堂々としている。そのため多くの一般人は気づかないらしい」(芸能プロ関係者)

色々な場所でデートされていますね。変装せず堂々と一緒にいることで、一般人からは山下さんと相武さんとは気づかれなかったみたいです。

山下智久さんと相武紗季さんは、2009年に月9ドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』で共演されました。

『ブザー・ビート』の内容は…。

山ピーこと山下智久主演の月9ドラマ。上矢直輝役

実力があるのに本番が弱いバスケットボール選手の直樹。そんな直樹にイライラしながらも応援する彼女菜月に相武紗季

そして、バイオリニストをめざしながら書店でバイトする梨子を北川景子

直樹は梨子に出会い成長しスランプを脱することができるんですね。彼女の菜月は直樹との結婚を考えているが煮え切らない直樹に嫌気がさし結局別の男と浮気したりします。

そんな、直樹と梨子はケンカしながらもお互い惹かれていくわけです。毎回ドキドキ、ハラハラ、そして最後はジーンとなるドラマでした。

このドラマで恋敵であった相武紗季さんと北川景子さんは、実際に不仲になり、その原因は山下智久さんにあるのではないかといわれています。

 

ドラマ「ブザービート」で共演した相武紗季と北川景子が不仲なのは山下智久が原因?

相武紗季さんと北川景子さんには、不仲エピソードが色々あります。不仲になったキッカケや不仲エピソードを紹介したいと思います。

まず不仲のキッカケを紹介します

ブザービートは最初は相武さきがヒロイン役だったのに北川の事務所の圧力でヒロイン役は北川に変更

山ピー演じる直樹は北川景子演じる梨子と一緒にいる時は癒されていたのです。

こんな良い雰囲気を見たら共演者の相武紗季と北川景子の関係がよけい拗れてしまったんでしょう。確かに男がらみ!?と疑われてもおかしくないかもね。

『ブザー・ビート』のヒロインは、当初は相武紗季さんに決まっていたそうで、北川景子さんにヒロインを奪われたことによって相武さんが怒ったそうです。

<span”>山下智久さんが北川景子さんとばかり仲良くしていたのも相武さんを更に怒らせることになったようです。

<スポンサードリンク>

 

不仲エピソード

北川景子さんが、『笑っていいとも』に出演された時に相武紗季さんだけが花を送っていなかったことから不仲を噂されることになったそうです。

北川景子さんと相武紗季さんって仲悪いですよね。この間北川景子さんが「笑っていいとも」出演したときに、山下智久さんや貫地谷しほりさん等は花束を贈っていたのに相武紗季さんだけは送っていなかったので・・・。

お二人は、陰で悪口を言い合っていたそうです。

「特に相武紗季と北川景子は現在犬猿の仲で、スタッフも気を使いまくっています。北川は、相武が以前ヒロインを張って低視聴率を叩き出したドラマ『レガッタ』や『歌姫』を例に挙げて、彼女を『低視聴率の女王』なんて呼んでいるようですし、逆に相武は、北川の演技の未熟さについて『学芸会クラスの演技しか出来ない女』と陰口を言っているとか」(前出・AD)

これが本当なら空気の悪い撮影現場だったしょうね。

 

真相は?

北川景子さんと相武紗季さんの不仲の噂が広がった理由は、前述したようにヒロインを北川さんに奪われたことと、ドラマのように山下さんを巡る三角関係になったからではと噂されました。

ドラマの中では相武紗季と北川景子は山ピーを巡り三角関係になります。

でも、プライベートでは山ピーと北川景子は同じ大学でもあり仲良しなんです。そんな2人ですからプライベートでも噂になったりもしていました。

しかし、実際は山下智久さんを取り合って不仲になったわけではなく、ドラマの視聴率が関係していたそうです。

『ブザービート』は、平均視聴率 14.4%と当時の月9ドラマでは低視聴率となり、北川景子さんと相武紗季さんは責任の押し付けをするようになり、それが不仲といわれるようになったそうです。

この二人、「ブザー・ビート」のヒロインをめぐって確執が生まれ、さらにこのドラマがフジテレビ歴代月9ドラマの中でも記録的な低視聴率をたたき出してしまったことで二人の仲が悪化してしまったようです。

ドラマの視聴率が原因で不仲になったことが有力みたいですが、多くの人は、北川景子さんと相武紗季さんの不仲=山下智久さんが原因だと信じてしまったようです。

そんな不仲疑惑が浮上した北川景子さんと相武紗季さんは、久しぶりに会われツーショット写真を公開されています。

北川景子さんと相武紗季さんは、宝塚の公演で偶然再会し、それぞれのブログにその時の様子を書かれています。

相武さんは、「昨日は景子ちゃんにバッタリ会えてハッピーな日になりました 詳細は景ちゃんのブログに書いてあるかもー」というコメントとともに、ツーショット写真を公開しました。

北川さんの方は、先日は宝塚の星組公演を観に行ったと報告しており、そこで相武さんに遭遇したと書かれています。「何年ぶりかなぁ…5年?くらいたちますか」と綴っており、久しぶりの対面だったようです。「相変わらずの小顔とスタイルで遠くからでも紗季ちゃんとわかりました」と相武さんの事を褒めていました

5年ぶりの再会だったそうで、やはり、ドラマ共演後はお仕事でもプライベートでも会うことはなかったようですね。

お二人の不仲説に信憑性が出てきましたが、こうやってツーショット写真を撮り公開するということは、現在は仲直りされたんでしょうね。

日本を代表する女優のお二人ですし、また、共演される日が来るのを楽しみにしています。

また山下智久さんの熱愛はこちらでまとめていますので良かったらご覧ください。

【関連記事】山下智久の歴代彼女・熱愛報道まとめ!2017年は石原さとみで現在はモデル?

<スポンサードリンク>

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)