松岡昌宏と米倉涼子は幼馴染?tokioカケルで結婚を申し込まれて熱愛に発展?

Pocket

松岡昌宏さんは11歳のころにジャニーズの事務所のオーディションを受け入所しました。現在は「TOKIO」のメンバーです。俳優としても活躍中で2017年には「家政夫のミタゾノ」で主演男優賞を受賞しています。

米倉涼子さんは1993年にモデルとしてデビュー、その後は女優としも活動をし、現在では「視聴率女王」とも呼ばれるようになりました。

今回はそんな松岡昌宏さんと米倉涼子さんの熱愛に触れていきたいと思います。

松岡昌宏と米倉涼子の出会いはドラマで共演!

松岡昌宏さんと米倉涼子さんが出会うきっかけとなったのはドラマ「「武蔵 MUSASHI」の共演でした。

<スポンサードリンク>

主演の七代目市川新之助は、1994年の『花の乱』出演以来。武蔵の幼馴染・本位田又八には堤真一、幼馴染で恋人のお通役には米倉涼子、宿敵・佐々木小次郎にはTOKIOメンバーの松岡昌宏、小次郎の恋人・琴役は仲間由紀恵が序盤で同じく恋人であった八重役と兼ねて二役を演じ、琴の死後に小次郎の恋人となるお篠は宮沢りえが演じた。

そしてこのドラマから親しい関係になったそうです。

まずは2人の出会いからですが、彼と米倉涼子さんは、2003年にNHKで放送されたドラマ「武蔵 MUSASHI」での共演がきっかけで、親しい関係になったようです。

と出会いを説明してきましたが、2人は幼馴染との説があります。

本当なのでしょうか?

 

松岡昌宏と米倉涼子は幼馴染なの?

松岡昌宏さんと米倉涼子さんは幼馴染だと思っている方もいますが、2人は幼馴染ではありません。

2人は2003年のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」で共演するなど10年以上のつきあい。

二人の出会いのきっかけとなったのは2003年に放送されたNHKのドラマでの共演がきっかけであり、それから10以上の付き合いです。周りの人から見ると幼馴染の様に見えてしまうほど仲が良かったのでしょう。

2014年に米倉涼子さんの入籍を聞いた時はこんなコメントをしています。

松岡は「めでたいですよね」と祝福。「幸せになってもらいたいです。ずっと幼馴染みたいなものですし、ネタっぽくやっていましたが、こんなに嬉しいことはないです」と喜びの心境を語った。

松岡昌宏さんは米倉涼子さんの結婚が決まった時は誰よりも喜んだようですね。

ただ直接連絡は来ていなかったようです。

直接連絡が来たのか問われると、「そんなに頻繁にとっているわけじゃないので…」といい、テレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演中に知ったことを明かした。

米倉涼子さんはこの後で詳しく説明しますが、プロポーズをしていた過去もあるので直接連絡するのが恥ずかしかったのではないでしょうか。

<スポンサードリンク>

 

松岡昌宏は米倉涼子に「tokioカケル」で結婚を申し込まれていた!

実は松岡昌宏さんはTOKIOの冠番組である「TOKIOカケル」に米倉涼子さんが出演した際に結婚を申し込まれていたのです。

大物“独身”女優が人気ジャニーズグループのメンバーに、テレビ番組内で突然告白するという“珍事”が起こった。

その女優の名は米倉涼子で、お相手の男性は、米倉と20年来の知り合いだというTOKIOメンバーの松岡昌宏だ。

米倉涼子さんが公開プロポーズを行ったのは様々な要因が背景にあったようです。

事の発端は、昨年放送された同番組内で、ゲスト出演した女優・上戸彩の所属事務所の先輩にあたる米倉が松岡へ宛てた手紙が紹介され、そこには「早く私のダンナになれ」と書かれていたことだ。

今回放送回(30日)の中で米倉は、上戸出演の回が放送された後日、松岡へ「(結婚は)どうなの?」とメールを送ったが、「だから辛い恋になるぞ」と返信があったきりで明確な返事をもらってないとの不満を口にした。

番組内だけではなく、プライベートでも結婚をほのめかす話を二人は行っていたようです。しかしなかなか煮え切らない松岡昌宏さんに対して米倉涼子さんはしびれを切らし公開プロポーズに至ったのでしょう。

ちなみに国分太一さんが「辛い恋になるぞ」と返信した理由を彼に聞いています。

すると国分太一(TOKIO)が松岡に「辛い恋になる」と言った理由を問いただしたところ、松岡は「(米倉と)ずっといるじゃないですか、子供に毛の生えた頃から、長いよ」と答え、お茶を濁した。

曖昧にしたようですねw

そしてこれに対し米倉涼子さんが口を開きます。

これを受け米倉は、「私は前から何も曲げてないし、理想のタイプは松岡君」と言い、長い間松岡に想いを寄せていたと明かすと、松岡は照れながら、「理想でしょ? 理想と現実は違うと思うんだ」と返答。すかさず米倉は照れながら「現実だったらいいなと思うよ」と告白し、共演するTOKIOのメンバーたちは一斉に興奮した様子を見せた。

さらに国分から松岡を好きな理由を聞かれた米倉は、「本当にずーっと変わらないのは、照れ屋で本当に優しい、この人は」と即答。

米倉涼子さんの松岡昌宏さんへの本気度が伝わってきますね。

その後、なにかと理由をつけて米倉涼子さんとの交際をしない方向に話を進めようとする松岡昌宏さんですが、国分太一さんからの助言もあり最後はまんざらない様子だったようです。

すると松岡は、「俺、ヨネ(米倉の愛称)とさ、『飲もうぜ』『いいよ』とかって、いつも飲むじゃん。そんなもん、(写真週刊誌などに)一発で撮られるぜ、俺とヨネ」と慌てた様子を見せた。

続けて国分から「それがきっかけで、結婚しちゃえばいいじゃん」と提案された松岡が、「それだったらいいよ、ネタになるから面白い」と納得すると、米倉は「ネタのために結婚すんのか?」と再び不満げな様子を見せた。

しかし松岡は最後には、「俺とヨネだったら、うまくいくと思う」と口にし、米倉との交際にまんざらでもない態度を示した。

松岡昌宏さんもまんざらではない様子で、現場はとても幸せそうな雰囲気に包まれていたようです。

この放送は現場の方達だけでなく、テレビの前のファンの方たちも興奮させたことでしょう。このまま交際に発展してほしいと思った人は少なくないはずです。

 

松岡昌宏と米倉涼子の熱愛の真相は?

また米倉涼子さんが松岡昌宏さんを狙うのには彼の人柄以外にも魅力があるからのようです。

「実は松岡、巨◯が多いジャニーズ事務所の中でも、屈指の“巨大イ◯モツ”を誇ることで有名。数々のオトコを知る肉食系米倉は、松岡の人柄だけでなく、下半身も狙った上で求婚を仕掛けた可能性が高い。超名◯とされる米倉と、超巨◯松岡が合体すれば意外に早く“できちゃった”してもおかしくない

なんとも生々しい話ですが、その後、2人の目撃情報や週刊誌が熱愛の決定的な瞬間を報じていないことから結局、米倉涼子さんの片思いで恋は実らなかったのではないでしょうか。

<スポンサードリンク>

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)