藤井流星がスキャンダルを認める?真相はデマ?

Pocket

藤井流星さんは、2006年10月、ジャニーズ事務所に入所。2008年8月、『DRAMATIC-J 僕らのミラクルサマー』でドラマ初出演。2014年4月、「ええじゃないか」で、ジャニーズWESTのメンバーとしてCDデビュー。同年7月、『アゲイン!!』で連続テレビドラマ初主演を務められました。

今回は、藤井流星さんに報じられたスキャンダルについて迫っていこうと思います。

藤井流星に性的暴力・飲酒・喫煙…のスキャンダルが報じられる!

2014年4月、週刊文春がジャニーズWESTの藤井流星さんのとんでもないスキャンダルを報じました。

<スポンサードリンク>

そのスキャンダルとは熱愛報道などではなく、アイドルの行いとは到底思えない、まさに鬼畜の所業でした。

ジャニーズWESTのメンバーに、いきなり大スキャンダルが飛び出した。メンバーの藤井流星(20)が未成年時に飲酒&喫煙し、ナンパした女性に性行為を強要したと発売中の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられたのだ。

私はこのスキャンダルで藤井流星さんの存在を知りました。そして、未だに藤井流星さんは暴力的な人というイメージのままの人もいるかもしれません。

実は私も記事を書くまでは事実を知りませんでした。その事実は後程お伝えします。

藤井流星さんは本当に女性に性的暴力を働いたり、飲酒&喫煙をしていたのでしょうか?

まずは当時の報道内容を見てみましょう。

藤井流星さんが問題の行為を行ったとされるのは2012年のことでした。

女性によると2012年6月、友人と2人で大阪のクラブを訪れた際に藤井と出会い、「ホテルで飲み直そう」と誘われたという。藤井がジャニーズであるということは、到着した先のホテルで明かされたそうだ。

年齢を聞かれた女性が20歳だと告げると、藤井は「おお! タメ(同い年)やん」と答えたが、実際には当時18歳。しかし、慣れた手つきで煙草を吸いながらウォッカをストレートであおり、女性たちにも強引に飲ませた。

そして、女性の友人が酔い潰れてしまうと態度が豹変。「もうほんまに飲まれへん」と話す女性に酒を口移しで飲ませたのちベッドに押し倒し、女性が抵抗すると口〇を強要。

行為後は「写真撮ってへんか。携帯見せろ」と女性のスマートフォンを奪い「パスワード言えや!」と怒鳴りながら液晶を殴ってヒビを入れたという。

・・・これが事実ならヤ〇ザ顔負けの行為ですよね。

とてもあの綺麗な顔でこんな酷いことができるようには思えませんが、このスキャンダルについて藤井流星さん本人はどんなコメントを出されたのでしょうか?

 

本人の反応は?

週刊文春は藤井流星さんを直撃しました。彼は何を語ったのでしょうか?

この告発内容について同誌に直撃された藤井は、被害女性と飲酒したことを否定。威嚇するように記者をにらみ付けて「写真撮らないで下さい!事務所に連絡するよ」と言い放ったという。

藤井流星さんは被害女性と飲酒したことを否定しました。そのほかの疑惑については語っていないようです。

最後は無断で写真を撮る記者に対し事務所に連絡すると威嚇したそうです。

藤井さんから連絡を受けたであろうジャニーズ事務所はどういう対応をしたのでしょうか?

 

事務所の反応は?

ジャニーズ事務所はこの件に対し特にコメントは出さなかったそうです。

ジャニーズ事務所は未成年メンバーの飲酒・喫煙には厳しいことで知られる。今回の告発内容について、同事務所に事実関係を質したが、期日までに回答はなかった。

ジャニーズ事務所は未成年メンバーの飲酒&喫煙には厳しいことで有名で、現に人気メンバーでさえ活動休止や退所に追い込まれたこともあります。

藤井流星さんは特に処罰などされていないようです。これはどういう意味があるのでしょうか?

<スポンサードリンク>

 

ファンの反応は?

ファンの反応はどうだったのでしょうか?やはり、藤井流星さんへの批判一色だったのでしょうか?

「文春の写真は別人。耳の形が違うし全然似てないんですけど」
「新幹線を乗り過ごして岡山まで行っちゃうような天然キャラの流星が、性的暴行とか飲酒なんてワルなこと出来るわけない
18歳の時の流星はあんなにオシャレじゃない
「ポンコツなのにイケメンの流星のギャップに文春が嫉妬したか?」
ファン思いの流星くんがそんなことするわけないでしょ」
何があっても流星を信じてる

ネットでは、「同情できない」「グループのためにも脱退してほしい」「男して最低」といった批判の声が上がっている一方、藤井さんの無実を信じるファンも多くいたそうですね。

藤井さんの無実を信じるファンは、週刊文春に掲載された男性の写真に違和感を覚え、本当に藤井流星さんなのか検証することにしたそうです。

 

別人説が浮上

週刊文春に掲載された藤井流星さんと思われる男性は本当に彼だったのかファンによる検証作業が開始され、ある若手俳優の存在が浮上したそうです。

「ネット上では『文春』に載っているタバコを片手にした藤井の姿について、『これは流星じゃない』と、主張する声が多く上がっていました。そんなところへ、『文春』の男は藤井ではなく、舞台を中心に活躍する若手俳優の井深克彦だという説がTwitterで拡散されたんです。

確かに井深は藤井と顔つきがよく似ていますが……。井深のブログから『文春』の写真に近い角度の表情まで持ちだして検証する人も現れ、一部のファンが藤井の無実を証明するために躍起になっているようです」

週刊文春に掲載された写真の男性は、若手俳優の井深克彦さんではないかとファンは疑い検証していますので、その画像を見てみましょう。

確かに似ているようにも見えますが…。

ただ、井深克彦さんかと言われれば断言できませんね。

検証作業したファンが井深さんのSNSに週刊文春に掲載された男性は井深さんではないかという直球の質問をぶつけ、疑いを掛けられた井深さんのファンは激怒する事態になったそうです。

井深のファンからは「とんだとばっちり」「似てるだけで勝手に決めるな」「これだからジャニオタは」と、怒りの声が噴出している。

似ているからといって井深克彦さんを犯人扱いしてしまうのはどうかと思います。それ程、藤井さんの無実を証明したかったのでしょうがファン同士で揉めてしまうのは残念ですよね。

更にファンは藤井流星さんの耳の形が週刊文春に掲載された男性と同じか画像と照らし合わせたそうです。

右が週刊誌のやつですが 完全に違いますね。 耳の形が全然違います! 週刊誌は何がしたいのでしょうか。

特定作業の時にはまず、変えようがない耳の形とホクロの位置が一致するか検証するそうです。確かに週刊文春に掲載された男性の耳と藤井流星さんの耳とは違うようです。

果たして、週刊文春が掲載した男性は誰なんでしょうか?

 

藤井流星のスキャンダルを週刊文春がデマと認めるw

ここで急展開があった模様です。どうやら、週刊文春に掲載された男性と藤井流星さんの特徴が一致しないと直接文春に抗議したファンがいたそうです。

文春はどういう反応を見せたのでしょうか?

週刊文春に電話してやった。藤井君の事なのですがあれ画像も何も彼じゃないですよね?って言ったら『あ〜はい』だって。これ以上彼のことは広めたりしないで下さいって言って切った。認めちゃったよ。週刊文春。

週刊文春は記事の男性が藤井流星さんではなく、記事はデマだったことを認めたそうです。

例の報道は、ジャニーズWESTがデビュー曲「ええじゃないか」を発売しオリコンデイリーチャート初登場1位を獲得した直後に報道されました。

ジャニーズWESTが最も注目される時を狙われたようで、例えデマであっても本が売れると判断したのではないでしょうか。

この手法は、よく「AKB48総選挙」の際に週刊文春が仕掛けることで有名です。ただ、AKB48の場合は事実を報道しているようですがw

・・・疑問が残りましたね。

週刊文春に掲載された男性は誰なのか?ということですが、どうやら現在も明らかになっていないようです。

最初にお伝えしたように週刊文春の報道によって藤井流星さんのことを未だに暴力男だと信じている人もいますし、デマだったならそのことをもっと周知させないと、これからも藤井流星さんの芸能生活に影響があるのではないでしょうか?

タレントはもちろん、ファンも大きく傷つきますし、とにかく売れればデマを報道しても良いという週刊誌の姿勢は改善してほしいです。

<スポンサードリンク>

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)