中島健人の彼女とキスプリクラの真相は橋本奈々未との熱愛が原因?

Pocket

中島健人さんは、2008年4月、ジャニーズ事務所に入所。2009年、「中山優馬 w/B.I.Shadow」の結成とともにCDデビュー。その後、2011年11月にSexy Zoneのメンバーとして「Sexy Zone」でデビュー。

俳優としても活躍されており、映画『銀の匙 Silver Spoon』など、出演された映画ですべて主演を務められています。2018年から「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー『ゴチになります!』に出演。活躍の場を広げています。

今回は、中島健人さんとキスプリクラが流出してしまった女性について迫っていこうと思います。

中島健人の彼女とのキスプリ流出?

Sexy Zoneの人気メンバー・中島健人さんの彼女とのキスプリクラが流出したと騒がれています。

中島健人さんのキスプリが出回っているとして、現在騒がれています。ただ、顔があまりはっきり写っているわけではないので、本人なのかどうかは判明していません。

本人かどうか判明していないというプリクラですが、そう言われると余計本人なのか確認したくなりますね。

流出したというプリクラを見てみましょう。

確かに中島健人さんですね・・・って、中島さん本人の顔も載せているんですねw

キスをしている男性の顔の横に中島さんの画像を並べて検証しているんでしょうが、これだと中島さんだと錯覚させるような…。

このキスをしている男性、ファンの中には手越祐也さん、または伊野尾慧さんではないかという声もありますが、個人的には若い頃の赤西仁さんにも見えます。

さて、中島健人さんのキスプリについてですが、正直似ているというだけで証拠は全くありません。まずプリクラじゃないし・・・。

この流出したキスプリはプリクラじゃなく、キス写真ではないかという指摘があります。

この男性が中島健人さんかはひとまず置いておいて、なぜキス写真なのにキスプリクラと思われてしまったのでしょうか?

それは、あの人気アイドルと中島健人さんが共演したドラマが発端だったようです。

 

中島健人は橋本奈々未と熱愛プリクラをとっていた!

中島健人さんは、2013年に後に映画化もされたドラマ「BAD BOYS J」で主役を演じました。

このドラマで共演した元乃木坂46の橋本奈々未さんと撮ったプリクラが流出してしまったという情報があります

熱愛の噂のきっかけは、なんとツーショットプリクラの流出。熱愛を思わせるプリクラの画像が、ネットにアップされたのだ。中島健人と橋本奈々未はテレビドラマ『BAD BOYS』で共演している。証拠がある以上、中島健人の彼女は橋本奈々未で決定かと思われた。

しかし、このプリクラはドラマの中で撮ったプリクラだったそうです。

しかし、これはドラマの中で恋人同士として撮影したときのプリクラがネットにアップされただけで、特別な筋から流出したものではなかった。

ドラマを見逃したファンは「これこそ橋本奈々未が中島健人の彼女である証拠だ!」と動転したことだろう。そういった誤解が少なからずあったせいで、熱愛情報が広まってしまったと考えられる。

まず、ファンなら中島健人さん主演のドラマを見逃してはダメだと思うのですが、騒いだファンはツイッターなどで、ドラマの情報を読まずプリクラだけを見てしまったんでしょうね。

2人のプリクラを見てみましょう。

プリクラってこんな感じでしたっけ?

なぜ、プリクラなのにグリーンバックのままなのでしょうか?まず、ここがおかしいと気づかないといけませんねw

プリクラを加工しているところを本人たちの横から撮影?いったい誰が?くみ♡つかさって誰?

ぱっと画像を見ただけでもおかしい点がいくつかあるのですが、ファンがこのプリクラをなんの前情報もなく見た場合、冷静でいられるとは思えないので勘違いしてしまってもしょうがないでしょうか。

ここでやっと、キス画像がキスプリクラと勘違いされたか分かりました。

それにキスプリというキーワードは、おそらく上の橋本奈々未さんのプリクラとキスが重なってキスプリとなったのでしょう。

中島健人さんと思われる男性のキス画像流出→橋本奈々未さんとプリクラ撮影→中島健人さんのキスプリクラ流出・・・と情報が積み重ねられた結果、キス画像がキスプリに置き換わってしまったんでしょうね。

 

中島健人のキスプリクラの相手は岸島鈴蘭?

中島健人さんは、キス画像が流出した同時期に女性と手を繋いで歩いているのを目撃されていたそうです。

一部の週刊誌では、2012年3月頃に女性と手をつないで歩いている姿が目撃されたと報道。実は中島さんはこの女性と一緒にいるところを何度も目撃されており、彼女ではないかと言われていました。

手を繋いでいた女性と何度も目撃されているとすれば、週刊誌も黙っていないでしょうね。

「BUBUKA」が中島さんと手を繋いでいた女性を特定したそうです。

岸島鈴蘭さんとの熱愛は、2012年にゴシップ誌「BUBUKA」で報じられました。

記事によれば、中島さん宅に岸島さんが訪問。そして、その後、デートをしていたようです。

6年前の2012年と言えば、中島健人さんが明治学院大学に入学した年ですね。岸島鈴蘭さんは大学の同級生でしょうか?

<スポンサードリンク>

この写真の美女が噂の岸島鈴蘭さん?

いえ、この美女は女装した中島健人さんです。女性用のメイクをバッチリすればもっと美人になりそうですw

岸島鈴蘭さんは一般人と言うことで写真はありませんでしたが、「BUBUKA」が彼女の特徴を書いているので紹介します。

岸島鈴蘭さんはミルクティー色のロングヘアの女性で花型のピンを付けていたとのこと。中島健人さんの地元を仲良さそうに歩いていて、その日は中島健人さんがこそこそと耳元で何かをささやいて解散したそうです。

ミルクティー色のロングヘアで花型のピンを付けていたそうです。ちょうど参考になりそうな画像があったので紹介します。

女装した佐藤勝利さんが、ちょうど岸島鈴蘭さんの容姿に似ているんでしょうか?もうちょっと明るい色の髪でしょうかね。

いちいちSexy Zoneのメンバーの女装を参考画像にしてすみません。それにしてもこの美脚、素晴らしいですねw

美脚を披露している佐藤勝利さんがコンサートでやらかしてしまったそうです。

 

佐藤勝利が失言し中島健人の彼女の存在が明らかに!

彼女(岸島鈴蘭さん)との目撃情報が相次いでいた2012年、Sexy Zoneのコンサートで佐藤勝利さんがある失言をしたことが話題になりました。

2012年4月1日に開かれた大阪のコンサートでは、同じSexy Zoneの佐藤勝利さんがMCの中で、「健人くんはいつも彼女に・・・・あっごめんなさい」と発言した場面があったようです。

その失言とは、中島健人さんに彼女がいることをポロっと口を滑らせてしまったこと。よりによって大勢のファンの前で彼女がいることを暴露してしまうなんて…。

しかし、そこはプロ。中島健人さんは咄嗟に機転を利かせたそうです。

急な彼女説が浮上したことで心配するファンに対して、コンサートで「僕の彼女はファンのみんな」と、フォローしていたそうです。

「僕の彼女はファンのみんな」の一言で最悪の空気を一変。ファンは自分を彼女だと思ってくれていると喜ぶことに。

ファンの中には、あえて“騙されたふり”をした人もいたそうです。

当然、このことに感づいていたファンも多くいたのですが、意外にも好意的に受け止めている人も多かったようで、「彼女がいてもいなくても変わらない」「いい年齢だし彼女くらいいるのでは?」と、割に寛容的な様子でした。

彼女がいても応援する・・・ファンの鑑ですね。こういうファンが支えることでプライベートが充実し仕事を頑張れるのではないでしょうか。

 

中島健人と彼女の目撃情報は多数

中島健人さんは、2012年頃に彼女(岸島鈴蘭さん)と目撃情報が相次いでいたと前述しましたが、具体的にどこで目撃されたか分かりましたので紹介します。

どうやら中島さんは明治通りに限らず各所で目撃情報が相次いでいるようです。具体的に挙がっていた場所は、

・明治通り
新浦安
・実家近く

例えば明治通りだったら「ギャル系の女性と歩いているのを目撃した

実家近くだったら「幼なじみと手をつないで歩いているのを目撃した

新浦安については、「寿司屋で見かけたとか」「歯医者で見かけたとか」などそもそも彼女は関係ありませんでした。

新浦安は彼女と関係ないのでその他の目撃情報で総合的に考えると彼女は「幼馴染のギャルでお寿司が好きとなりますでしょうか。

目撃された女性が全て一緒かは分かりませんが、この目撃情報は全てツイッターなどSNSに投稿されたものみたいです。

これだけでは信憑性に欠けますね。

最後に岸島鈴蘭さんは実在するのかという疑問。

今のところ一番有力なのは、やはり何かに書き込みをしてそれが広まり、生まれてしまった架空の人物なのではないかということですね。

岸島鈴蘭さんの画像やどういう人なのか情報はなく、手繋ぎデートを報じた「BUBUKA」だけが岸島鈴蘭さんの容姿を報じています。

なぜ、「BUBUKA」はデートを目撃したのに写真を撮っていないのか。一般人でも目線を入れて週刊誌は載せますし、なぜその写真すらないのか。その理由は、そもそも岸島鈴蘭さんは存在していないからではないでしょうか?

これはあくまでも私の推測ですが、ファンが真偽不明の目撃情報をたくさんネットに上げていたことから、それをネタにしようと「BUBUKA」が岸島鈴蘭さんという架空の人物を作り上げて記事にしてしまったのではないでしょうか。

もし、岸島鈴蘭さんが本当に存在しているとしても、本人はそっとしておいてほしいでしょうし、これ以上、岸島鈴蘭さんには触れない方がいいでしょうね。

<スポンサードリンク>

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)