藤ヶ谷太輔の彼女の滝沢ゆき(滝沢結貴)との出会いは?ジュエリデザイナーって本当?

Pocket

藤ヶ谷太輔さんはジャニーズのアイドルグループ「Kis-My-Ft2」のメンバーです。

1998年にジャニーズ事務所のオーディションを受けましたが、審査の結果は不合格で入所はできませんでした。しかし、オーディション会場でたまたま話しかけた人がジャニーズ事務所の社長のジャニー北川さんで、話しかけた度胸を気に入られオーディションに合格したと言われています。

2005年7月に7人で「Kis-My-Ft2」が結成され現在でもメンバーとして活躍されています。

滝沢結貴さんはラグジュアリー・コスチュームブランドの「グロッセグラッセ」のディレクターです。

大学在学中にモデル活動をしていましたが、そのつながりでグロッセグラッセのディレクターになったそうです。

今回はそんな藤ヶ谷太輔さんと滝沢結貴さんの熱愛について迫っていきたいと思います。

藤ヶ谷太輔の彼女は滝沢ゆき

藤ヶ谷太輔さんの本命彼女は滝沢ゆきさんであると報じられたことがありました。滝沢ゆきさんはモデルやジュエリーブランドのディレクターを務めていますが、世間では認知度がそれほど高くなく、報道が出たときには多くの人が彼女の名前を検索しました。

<スポンサードリンク>

滝沢は、安めぐみや優木まおみ、橋本マナミらも在籍する事務所ハーモニープロモーションの所属モデルで、ジュエリーブランド「GrosseGlace(グロッセ・グラッセ)」のディレクターも務めているとのこと。

ただ、テレビやCMなどではお目にかかる機会がないため、今回、「週刊女性」の報道によりその名前を知ったTwitterユーザーが多いようで、「滝沢結貴って誰?」の大合唱により、キーワードランキングを駆け上がる形になったようだ。

そんな滝沢ゆきさんと藤ヶ谷太輔さんの出会いは一体何だったのでしょうか?

 

ジュエリーデザイナーの彼女との出会いは?

藤ヶ谷太輔さんと滝沢ゆきさんは出身高校が同じようです。

しかし実は、藤ヶ谷にはもっと前から親密な関係を保ってきた女性がいる。ジュエリーデザイナーの滝沢結貴という女性だ。藤ヶ谷と同じ高校の1年後輩で、ふたりの出会いは高校時代にさかのぼる。

高校の1学年下の後輩だったようです。滝沢ゆきさんにしてみれば先輩の藤ヶ谷太輔さんがとても素敵に映ったのでしょうか?ちなみに二人の出身高校は「クラーク記念国際高等学校」です。

また、滝沢さんの2学年上には北川景子さんがいました。

滝沢さんは『ELLE girl』のオフィシャルキュレーターで、『JJ』や『美人百花』などのファッション雑誌で“おしゃP(おしゃれプロデューサー)”として活躍。高校の先輩だった北川景子ちゃんとも当時から仲がよくて、今でも親交が続いているんですよ。景子ちゃんがあるドラマでつけていたアクセサリーは、ほとんどがグロッセのものだという話です」(ファッションライター)

そのため北川景子さんとも親交があり、彼女のブランド品を愛用しているようです。

 

藤ヶ谷太輔と滝沢ゆきは半同棲?

藤ヶ谷太輔さんと滝沢ゆきさんはお互いのマンションを行き来しており、半同棲状態だったようです。

彼女はモデルとしての活動も始めていて、藤ヶ谷に劣らず多忙な日々を送っている。そのためデートはというと、タイミングを見ながらお互いの自宅マンションを行き来しているようだ。

昨年の8月には藤ヶ谷が滝沢のマンションを訪れ、12月には滝沢が藤ヶ谷のマンションに入っていく姿が目撃されている。

滝沢さんが藤ヶ谷クンの家に行くときは、近くのスーパーでひととおり買い物をすませてから行くことも。手料理を作ってあげているそうですよ」(滝沢の知人)

藤ヶ谷太輔さんは当然のことながら、滝沢ゆきさんもモデル活動もして、ディレクターも務めているわけですから想像もつかないほど多忙な毎日だったと思います。二人で過ごせる時間は至福の時だったでしょう。

なかなか会えないため、彼の浮気を心配していたことも。

飲み会で藤ヶ谷クンと共通の友達と一緒になったとき、滝沢さんは会うなり質問攻めにしていました。“最近、太輔にオンナの影はないよね? もし知っているなら教えてよ”と真剣に聞いていました。あれだけモテモテの藤ヶ谷クンですから、彼女が心配になるのもわかりますけどね(笑い)」(滝沢の知人)

滝沢ゆきさんはジャニーズで人気者の藤ヶ谷太輔さんの浮気を心配していたようです。彼はドラマやバラエティー番組にもよく出演していますし、多くの女性芸能人との共演があったはずです。なかなか会えなくなると不安になるのは当然でしょう。

<スポンサードリンク>

 

藤ヶ谷太輔と滝沢ゆきは互いの両親に挨拶済み

二人はお互いの両親に紹をしており、かなり親密な関係になっていたようです。

すでにお互いの家族にも紹介ずみのようだ。

今のマンションに住む前の滝沢さんは実家暮らしでしたが、そこにも藤ヶ谷クンを呼んでいましたよ。彼も自分の弟や母親などに紹介して、一緒に食事をしたりしていました」(滝沢の知人)

また藤ヶ谷太輔さんからは結婚をにおわす発言も飛びだしています。

「“俺はジャニーズだから、なかなか結婚はできないと思うけど、<strong>一緒にいたいと思うのはアイツなんだよね”と言っていますよ」(滝沢の知人)

高校のころから付き合っていた彼女と結婚という話はよく聞きます。若いころからお互いのことを知り合っているため信頼関係があったのでしょう。また多忙な日々を送っている中で、お互いに支えあうことができる存在として特別な人だったのだと思います。

 

藤ヶ谷太輔が滝沢ゆきに送った手紙の内容がヤバい

藤ヶ谷太輔さんは女優の瀧本美織さんとも熱愛報道が出たことがあります。しかも滝沢ゆきさんと交際していると思われる時期にです。彼女の悪い予感が的中してしまったのです。

『週刊文春』で報じられたKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔と瀧本美織の密会報道。しかし藤ヶ谷の“本命”はジュエリーデザイナーの滝沢結貴という女性で、交際歴は8年だという。

この報道を聞いた滝沢ゆきさんはかなりショックだったようで、報道の当日に自身のInstagramに意味深な投稿をしています。

それだけに、瀧本美織との熱愛報道は彼女にとってはショックだったに違いない。6月2日、自らのインスタグラムに六本木のホテルで友人と食事をしている写真を載せていた。

インスタグラムに書かれていたコメントは、《親友は大事。いくつになってもずっと大好き》というものでした。きっと、友人に慰めてもらっていたんでしょう」(滝沢の知人)

これに対し、藤ヶ谷太輔さんは滝沢ゆきに懺悔のメールを送ったそうなのです。その内容がこちらです。

明日、週刊誌に載ります。ごめんなさい。でも、瀧本さんとはあくまで友達です

こちらは報道の前日に送られたメールようです。あくまで瀧本美織さんとは友人であると主張しています。

しかし二人で食事に行ったことは事実です。このメールだけでは開き直れないほど滝沢ゆきさんはショックを受けたに違いありません。

 

藤ヶ谷太輔との熱愛報道に関する滝沢ゆきのコメントは?

この報道に関しての滝沢ゆきさんのコメントがこちらです。

しかし、「藤ヶ谷さんと瀧本さんの件なんですが……」と言ったとたん、一気に表情が曇り、急に足早になって立ち去ろうとする。

――本命は、瀧本さんではなく滝沢さんなんですよね?

「…………」

――すでにご両親も公認の仲だと聞いていますが?

「…………」

――報道が出る前日にも、藤ヶ谷さんからメールをもらっていますよね?

「…………」

いくら質問をしても目を合わすことはなく、いっさい答えようとしない。そのまま近くの通りまで出てタクシーを拾うと、結局、無言のまま走り去ってしまった。

やはり滝沢ゆきさんにとってこの報道はかなりショッキングな内容だったようです。

藤ヶ谷太輔さんとは高校の頃から付き合い、多忙な毎日をお互い支えあい、信頼していたのに、突然の裏切り行為ですから当然ですよね。

ちなみに後日、事務所に問い合わせるこんなコメントをしたそうです。

彼女の窓口となっている芸能事務所に問い合わせると、

もう大人なので、プライベートのことは本人に任せています

これは交際を認めたといってよさそうですね。

 

藤ヶ谷大輔が滝沢ゆきとの熱愛報道に関する記者の質問で激怒

ある記者が藤ヶ谷太輔さんに滝沢ゆきさんとの交際を質問して、藤ヶ谷太輔さんが激怒したことがあります。

『藤ヶ谷くん自身として、愛を盗むのはどうですか?』という質問には、態度が一変。『そんなん……、言ったからってどうなるんすか、それ?』と、敏感に反応していました。ここだけ急に小声で早口になり、不機嫌そうな表情を浮かべていて、現場がピリつきましたよ。

これは藤ヶ谷太輔さんの主演舞台「TAKE FIVE2」の公開稽古終了後のインタビューでの出来事でした。この約1週間前に藤ヶ谷太輔さんは瀧本美織さんとの破局を報じられています。

記者の無神経な質問に対し、明らかに動揺を見せて激怒したようです。藤ヶ谷太輔さんもかなり罪悪感を抱えていたのでしょう。

現在でも藤ヶ谷太輔さん滝沢ゆきさん交際が続いているかは不明ですが、もし続いているのであれば二人が結婚する日もそう遠くはないと思います。

<スポンサードリンク>

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)