中島健人が熱愛彼女の佐々木希の為にディアハイヒールを作詞?ベットの裏話がヤバい!

Pocket

中島健人さんは、2008年4月、ジャニーズ事務所に入所。2009年、「中山優馬 w/B.I.Shadow」の結成とともにCDデビュー。その後、2011年11月にSexy Zoneのメンバーとして「Sexy Zone」でデビュー。

俳優としても活躍されており、映画『銀の匙 Silver Spoon』など、出演された映画ですべて主演を務められています。2018年から「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー『ゴチになります!』に出演。活躍の場を広げています。

佐々木希さんは、2005、週刊ヤングジャンプ『ギャルコン2005』で初代グランプリを受賞。その後、雑誌『PINKY』、『with』、『Oggi』、『non-no』のモデルとして活躍。

2008年、映画『ハンサム★スーツ』で女優デビュー。以降、女優として活躍。『笑っていいとも!』や『ぐるぐるナインティナイン』などバラエティ番組でも活躍されました。

今回は、中島健人さんと佐々木希さんの熱愛について迫っていこうと思います。

中島健人と佐々木希はドラマ「黒服物語」の共演から発展か?

中島健人さんと佐々木希さんの熱愛が噂されるようになったきっかけは、2014年に放送されたドラマ「黒服物語」の共演でした。

<スポンサードリンク>

佐々木希さんと中島健人さんの噂は、ドラマ「黒服物語」での共演がきっかけです。

中島さんは指名数トップのホステス役の佐々木さんに出会ってすぐ好きになるという役を演じていました。

主人公の小川 彰を中島健人さんが演じ、№1キャバクラ嬢・杏子を佐々木希 さんが演じました。

「黒服物語」のあらすじを紹介します。

ドラマは、「夜王」「嬢王」など“夜の世界”をテーマにしたマンガを数多く手がけてきた倉科遼さん原作、成田マナブさん作画の同名マンガ(集英社)を実写化。医大受験に3度失敗した“ゆとり世代”の浪人生・小川彰(中島さん)が、一目ぼれしたキャバクラ嬢・杏子(佐々木さん)のために新人黒服として奮闘し、欲望渦巻く夜の街でのし上がっていく姿を、憧れの杏子とのほろ苦い“禁断の恋”の行方とともに描く。

「黒服物語」は、中島健人さん、佐々木希さん以外にもAKB48の柏木由紀さんや入山杏奈さんや人気グラビアアイドルが多数出演し話題に。深夜帯のドラマにもかかわらず、平均視聴率 7.6%を獲得しました。

「黒服物語」の制作発表記者会見の時に佐々木希さんが心境を語り、中島健人さんに好意があることを匂わせました。

佐々木さんは、「佐々木希としてはキュンキュンする。一生懸命でまっすぐなので、心から応援したい気持ちになる」とすっかり中島さん演じる彰に夢中の様子だった。

キャバクラ嬢の杏子ではなく、佐々木希さんとしてキュンキュンするという発言は意味深ですよね。

また、この記者会見で中島健人さんが佐々木希さんを抱きしめる“ハプニング”が…。

その時の画像があるので紹介します。

中島健人さんが佐々木希さんを抱きしめるといった演出は、中島さんの即興だったみたいです。

中島さんが佐々木さんを突然抱きしめたことから、佐々木さんは中島さんを“ナンバー1”に指名し「やられました」とにっこり。中島さんが、「ほとんど即興でした。やばい、ジャニーさんにどう思われるか……」と話すと、佐々木さんは「大胆!」と楽しんでいた。

佐々木希さんの表情、うっとりしているようにも見えますよね。中島さんに抱きしめられてキュンキュンしない女性はいないでしょうねw

このドラマは、佐々木希さんをはじめ、キャバクラ嬢役のアイドルやグラビアアイドルのセクシーシーンが話題になりました。

中でも中島健人さんと佐々木希さんのあるシーンが話題に。

 

ベットシーンが衝撃!

そのシーンとは、中島健人さんと佐々木希さんのベットシーン

5話では店を辞めることになった杏子と一夜を共にする展開に。キスシーンはもちろん、佐々木が中島のシャツを脱がし、逆に中島が佐々木の背中のファスナーを下ろすシーンも。ベッドに押し倒した後は、中島が佐々木の首筋に顔をうずめるという、若手ジャニーズアイドルにしてはかなり際どいラブシーンでした。

売り出し中のジャニーズのアイドルと人気女優が、月9などゴールデンタイムのドラマではなく、視聴者数の少ない深夜帯のドラマでここまでしていいのかと大きく騒がれることに。

話題になったベットシーンの画像を紹介します。

本当はもっと過激なシーンもあるのですが、この画像が掲載できる限界でしょうか?

何気なく深夜にテレビをつけて、2人のベットシーンを見てしまった人は目が釘付けになってしまったでしょうね。

ファンは、このベットシーンをどんな気持ちで見ていたんでしょうか?

 

ファンの反応は?

ファンの反応を紹介します。

Twitter上には『もう死にそう』『黒服見るのツラい』と悲鳴が上がり、録画していたものを『消そうかな』とつぶやくファンも見受けられました。

中にはドラマと割りきって見られたファンもいたようですが、Twitterの検索窓に『健人』と入力すると、『健人 キスシーン』『健人 担降り』と候補が出てくるほどだったと、話題になっていました」

2人のベットシーンは、ファンの心を折ってしまったようです。

中には、『健人 担降り』と中島健人さんのファンを辞めることを宣言する人まで出る事態に…。

このシーンは、かなり話題になったのですが視聴率はどうだったのでしょうか?

そんな衝撃シーンが組み込まれた第5話だが、同日の視聴率は6.7%を記録。これまでの中で最低の記録を出してしまった。

意外にも全8話の中で2番目に低い視聴率を記録。多くのファンはベットシーンを直視できず、予告の時点で観ないことを決めたようですね。

大きく話題になったのは、ツイッターやまとめサイトでベットシーンの画像が出回り、それを見た人が騒いだんでしょうね。また、このドラマの柏木由紀さんのキスシーンやベットシーンも同様に騒がれました。

<スポンサードリンク>

 

裏話がヤバい!

実は、このベットシーン。当初、佐々木希さん側は想定していなかったようです。

ベットシーンを演じることになった裏にはジャニーズ事務所が暗躍していたそうです。

「ドラマ『黒服物語』で中島健人と佐々木希が大胆にもベットシーンを演じた。コレには深いわけがあり、どうも二宮との復活愛に激怒し芸能界抹殺も検討していたジャニーズサイドが、今回のドラマの話題作りのために佐々木希にベットシーンを了承させたと聞きます。佐々木希サイドとしても、ジャニーズに睨まれるよりはいうことを聞いたほうが得策ですから、ベットシーンを飲んだ。当然、二宮とは再度別れさせられたようですけどね」

以前、嵐の二宮和也さんと佐々木希さんには熱愛スキャンダルがあり、ツーショット写真まで流出してしまいました。

ジャニーズ事務所は2人を別れさせたと噂になっていましたが、「黒服物語」の出演が決まる前に2人は復縁。それに怒ったジャニーズ事務所がベットシーンをねじ込んだようです。

佐々木希さんの芸能界抹殺を検討するくらいジャニーズ事務所は激怒していたらしく、ベットシーンを半ば無理やり了承させた挙句、再び二宮さんと別れさせたそうです。

【関連記事】二宮和也と佐々木希の熱愛動画が流出!?さらに彼女のブログでの匂わせ写真がヤバい!

【関連記事】二宮和也と佐々木希の本当の破局の理由は彼のDV?彼女の顔に殴られた痕が見つかりファンが騒然!

【関連記事】二宮和也は佐々木希のせいで親友のあの芸人と不仲に?

ぽっかりと空いた心の隙間を中島健人さんが埋め、熱愛に発展してしまったんでしょうか?また、ジャニーズのアイドル相手だと苦労するのが目に見えていますが…。

中島健人さんが佐々木希さんの為にある曲を作ったという噂があります。

 

中島健人は佐々木希のためにディアハイヒールを作詞した?

中島健人さんの作詞した「ディアハイヒール」が佐々木希さんにあてた曲だと思ったファンがツイートし賛同する人も現れました。

健人くんのディアハイヒールってなんか佐々木希に当てはまる気がするんだけど….。うちだけ???

私もです泣泣

ガチで凹んでますね。

ファンをここまで凹ませる「ディアハイヒール」の歌詞が気になりますね。

 

どんな歌詞?

「ディアハイヒール」は、2015年3月11日に発売された、Sexy Zoneの3作目のオリジナルアルバム『Sexy Power3』に収録されてます。

歌詞を見てみましょう。

タメ口訊いてた僕
とにかく見て欲しかった
隣で過ごした時間
何故か距離を感じたよ

ベッドの上
僕1人
忘れられない
あなたの香り

ハイヒールを履いた君は
もう届かない場所にいて
微笑みだけを残すから
大嫌い? 大好き?
僕わからないよ
もしもあなたの側に
寄り添う光があっても
見ないフリして
愛させて?
バイバイは言わない
あと少し…..

生まれた時間のズレは
愛する対象を変える
間違いを繰り返して
運命は寄り添って行く

心の雪解けが今
突然起きてる
あなたのせいだよ

大人びてるあなたにさ
青い風は届くかな
知らず知らずに伝えてた
大嫌い? 大好き?
僕わからないよ
遠く距離が離れてても
月が照らす君の笑顔
いつか抱きしめたいから
「愛してる」言えない
今はまだ

ハイヒールを履いた君は
もう届かない場所にいて
微笑みだけを残すから
大嫌い? 大好き?
僕わからないよ

もしもあなたの側に
寄り添う光があっても
見ないフリして
愛させて?
バイバイは言わない
もう二度と….

この歌詞に出てくる「ハイヒールを履いた君は」は佐々木希さんのことなんでしょうか?

 

真相は?

中島健人さんは、自宅の洗面所で曲を作っているそうです。水回りだとメロディが湧き出てくるそうで、メロディが降りてくるまでシャワーを繰り返し浴びるそうです。

「ハイヒールを履いた君は」は実在しない?

年上の彼女に向けての曲ですよ。架空のね。

中島さんは、ある女性を想って曲を作るのではなく、メロディや歌詞が降ってくるのを待つそうなので、「ハイヒールを履いた君」は架空の年上の彼女で佐々木希さんのことではないようです。

なぜ、「ディアハイヒール」が佐々木希さんにあてた曲だと思われたのでしょうか?

作っていた時期と、ドラマ『黒服物語』の時期が重なっていたから、想像で、そう言われてるだけだと思われます。

「黒服物語」でのベットシーンや最終回で佐々木希さん演じる杏子が池袋から六本木のお店に異動したことが、「ベッドの上」「ハイヒールを履いた君はもう届かない場所にいて」という歌詞と重なっているように感じたんですね。

「ディアハイヒール」が収録された『Sexy Power3』は、「黒服物語」の放送終了から3か月後に発売されたので、まだドラマの記憶が鮮明だったことから、「ディアハイヒール」が佐々木希さんにあてた曲だと思われたみたいです。

結論として、2人の熱愛の噂はガセネタの可能性が高いと思われます。

中島健人さんは年上の女性が好きだと公言されており、佐々木希さんは中島健人さんより年上で、年上の彼女に向けた曲「ディアハイヒール」が「黒服物語」の佐々木希さんをイメージさせることから2人が交際していると噂されるようになったんですね。

2人のベットシーンが衝撃的だったこともあり、本当に交際していると考える人が出てきてもおかしくないですよね。

ただ、前述したように二宮さんと強制的に別れさせられていることから、佐々木希さんがジャニーズのアイドルと付き合うとは考えにくいですし、熱愛の噂はただの噂に過ぎないようです。

<スポンサードリンク>

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)