中島健人の彼女のタイプは?母親がフィリピンのハーフで彼はクオーター?

Pocket

中島健人さんは、2008年4月、ジャニーズ事務所に入所。2009年、「中山優馬 w/B.I.Shadow」の結成とともにCDデビュー。その後、2011年11月にSexy Zoneのメンバーとして「Sexy Zone」でデビュー。

俳優としても活躍されており、映画『銀の匙 Silver Spoon』など、出演された映画ですべて主演を務められています。2018年から「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー『ゴチになります!』に出演。活躍の場を広げています。

今回は、中島健人さんの好きな女性のタイプ彼のハーフやクオーター説について迫っていこうと思います。

中島健人の好きな彼女のタイプは?

中島健人さんは、自他共に認めるラブホリック(恋愛依存症)で、“ラブホリ王子”の異名を取っています。

女性から絶大な人気を誇る中島健人さんですが、番組で共演する林修さんから「ケンティ」と呼ばれており、林修さんは中島健人さんのことが大好きだと“告白”されています。

そんな年代・性別も問わず魅了してしまう中島健人さんは、どういう女性のタイプが好きなんでしょうか?

年下or年上?スリムorぽっちゃり?○○フェチ?ファンが気になる中島健人さんの好きなタイプをとことん調べてみたいと思います。

・中島健人さんは年上好き?年下好き?

20歳になった最近では、健人くんの好きなタイプの女の子も変わったようで、大人の女性と仕事をする機会が増えて、年上の大人の女性にセクシーさや魅力を感じると発言しています。

年上の女性と仕事をすることが増え、大人の女性の魅力に気付いたんですね。女優さんなのか、現場のスタッフなのかは分かりませんが、仕事の中で良い影響を受けたんでしょうね。

中島健人さんの恋愛対象は、いったい何歳までなんでしょうか?

2014年頃のインタビューで、こう答えています。

お母さんは今44歳なので、40歳くらいまでは付き会えると思います!」

お母さんより少し年下(40代)なら付き合いたいと考えているようです。

このインタビューが影響してか、中島健人さんは40代の女性と熱愛疑惑が浮上。しかし、この熱愛疑惑はガセネタだったそうです。

【関連記事】中島健人と年上40代の一般女性の熱愛はガセ!しかし別の一般女性との交際の匂わせがヤバい!

ラブホリ王子の中島健人さんのことですし、年齢は気にせず100歳以上でも女性として扱ってくれそうですw

・スリム好き?ぽっちゃり好き?

中島健人は、スリムな人よりもグラマーな人の方が好きだと、好きなタイプを語っています。細いよりもややぽっちゃりがいいと公言している。

ややぽっちゃりでグラマー・・・浮かんだのはブルゾンちえみさん。『ゴチになります!』で共演している渡辺直美さんも浮かびましたが、ちょっとぽっちゃり過ぎでしょうか?

・○○フェチ

同グループの佐藤さんに「健人くんは女性の脚をよく見てる」と暴露されてました。女性の好きな服装に関しても、「スカートがいい」とか、よくスカートの話もしてますし、もしかして脚フェチなのかもしれませんね。

中島健人さんは、脚フェチといわれています。

メンバーの佐藤勝利さんに「女性の脚をよく見てる」と暴露されていますし、女性にはスカートを穿いてもらいたいと思っているそうなので脚フェチで間違いなさそうです。

年上で、ややぽっちゃりで脚が綺麗・・・ますます、ブルゾンちえみさんが中島さんのタイプに思えてきましたw

・好きな性格は?

健人くんのおかあさんはハーフということもあり、海外の教育のようにお母さんにきびしく育てられていることもあり、女性の気の強い女性も好きだし、常に女性と男性は対等な立場が理想で、結婚したら奥さんが強くてもいいと公言しています。

中島健人さんは気が強い女性が好きみたいです。

お母さんは気が強い女性だったらしく、40代まで恋愛対象ということですしマザコンというわけではないでしょうが、ある意味お母さんのような女性を求めているのかもしれませんね。

ズバリ、理想の女性は?

中島健人さんが10代の頃に語った理想のタイプは、画像に書かれた条件を兼ね備えた女性だそうです。

2013年に放送された『JMK 中島健人ラブホリ王子様』では、更に詳しく理想のタイプを語っています。

・動物が好きな人
・歌がうまい人
・髪の毛がサラサラしてる人
・目がクリクリしてる人
・頭がいい人
・しゃべってて笑顔になれる人
・おしとやかな人
・料理がうまい人
・優しい人
・束縛しない人
・でも毎日メールをくれる人
・ピアノが弾ける人
・指がきれいな人
・気遣いができる人
・家族を愛する人

・でもさらにその上の理想のタイプの条件があって、その条件を全部吹き飛ばしてくれるような、そんな女性

ラブホリ王子様で健人君が言っていた理想のタイプの女性です。

ただ、中島健人さんは理想のタイプに固執するわけではなく、理想のタイプの条件を全部吹き飛ばしてくれるような女性が現れてくれることを願っているようです。

理想よりも直感が大事ということでしょうか?

ここからは、中島健人さんのお母さんについて調べてみることにします。

<スポンサードリンク>

 

中島健人はハーフではない!彼の母親がフィリピン人のハーフで名前はスーザン!

画像は、中島健人さんが『スカッとジャパン』でマザコン役を演じた時のものです。

中島健人さんの好きなタイプを調べた時にお母さんのように気の強い女性好きだとありましたが、中島健人さんのお母さんってどんな人なんでしょうか?

中島健人さんはハーフで、お母さんは外国人ではないかという噂があり、複数のファンがヤフー知恵で質問されています。

ジャニーズの中島健人についてwikiにハーフとか以前書いてあったけどそれ本当なんですか?

Sexy Zoneの中島健人のお母さんはフィリピン人なんですか?ということは、ハーフなんですか?

中島さんは外国人の血が入っているというのは本当のことみたいです。お母さんはフィリピンの方みたいですね。

お母さんの名前も分かっているそうです。

中島健人さんの母親・ママティは中島スーザン

お母さんのお名前は、「中島スーザン」というそうです。昔、山本スーザン久美子というアイドルがいましたが関係はなさそうです。

 

中島健人はハーフではなくクォーター!

お母さんはフィリピン人で、中島さんはハーフという情報があったのですが、実は間違いだったようです。

ネット上では中島健人さんはハーフだと言われることがありますが、父親が日本人、母親がフィリピン人と日本人のハーフであることからクォーターのようです。

お母さんのスーザンさんはフィリピンのハーフで、中島健人さんはクォーターになるそうです。ちなみにお父さんは日本人です。

お母さんのスーザンさんの画像は公開されていません。ただ、中島健人さんが過去に子供時代のことや母親とのエピソードを語ってるので紹介します。

 

中島健人の子供時代(子供の頃)は?

中島健人さんに兄弟はいるのでしょうか?

中島さんは両親と本人の3人家族です。

一人っ子なせいか、”お兄ちゃんかお姉ちゃんが欲しかった”とインタビューで話していました。

中島さんは一人っ子だったんですね。

もし中島さんにお兄ちゃんやお姉ちゃんがいたら、中島さんのように整った顔をした美男美女だったでしょうね。

中島健人さんは小学校時代に友達がいなかったそうです。

写真を見る限り、すでにイケメンなのですが何が悪かったのでしょうか?

そんな中島は、小学生時代が人生の谷だったという。当時は、カッコつけてしまうタイプだったゆえに、友達から距離を置かれてしまっていたのだとか。

小学生の頃はカッコつけてしまうタイプで同級生から距離を置かれていたそうです。

イケメンキャラでも、小学生ならそんなに気にしないと思うのですが…。他にも同級生から距離を置かれた理由があったそうです。

友達がいなかった理由を中島健人さんはこう推測しています。

後藤が「友達いなかったの?」と尋ねると、中島は当時を振り返り、「学期ごとに、やってるアニメがあるじゃないですか。そのアニメのキャラに憧れちゃって、一学期ごとにそのアニメのキャラになりきってたので、性格が安定してなかったんですよ」と友達がいなかった理由を推測する。

「(アニメキャラになりきる)というのを色々繰り返したら、いつの間にか周りに人がいなくなってた」と笑った。

ドラゴンボールのベジータなど、ちょっと癖のあるキャラになりきっていた為、距離を置かれてしまったんですね。

ベジータを知らない人の為に画像を用意しました。

ベジータはニヒルなキャラで、リアルにこんなことを友達に言ってしまうと、いくらイケメンでも嫌われてしまいそうですw

ただ、友達はいなかっただけで女の子からはモテていたでしょうね。

中島健人さんとお母さんのスーザンさんのエピソードを紹介します。

母親が車に乗り降りする時には中島健人さんがドアを開けてエスコートすることを教えており、忘れると怒鳴られるほど怖いということです。

しかし、基本的には中島健人さんを心から愛している母親であり、朝からステーキを焼いてくれるほど溺愛した一面も見せるそうです。

スーザンさんは、車の乗り降り女性のドアを開けてあげたりエスコートすることをなど、中島さんにレディファーストの精神を厳しく叩きこんだそうです。

ただ、厳しくしつけをしただけじゃなく、中島さんのことを気遣い朝からきつい体力を使う時にはステーキを食べさせていたという話もあります。

中島健人さんは、食事の好みがちょっと変わっているそうです。

中島さんは練乳が小さい頃から大好き。チューブから直接食べる事もあったとか。

そこで編み出したのがサバ缶に練乳をかけたもの。本人は”クリーミーでチーズハンバーグみたい”と喜んで食べていました。

練乳が好きすぎて、自分でサバ缶に練乳をかけたオリジナル料理を発明してしまったそうです。画像を見るとただの悪ふざけにしか見えませんがw

もしかすると、お母さんのルーツがあるフィリピンに似たような料理があるのでしょうか?

中島健人さんの理想のタイプの条件の中に「料理上手」がありますし、中島さんと交際したい人は、練乳を使った料理を勉強してみるといいかもしれませんね。

<スポンサードリンク>

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)