二宮和也と長澤まさみの熱愛ニュース!破局後に共演したVS嵐がやばい!

Pocket

二宮和也さん(34 )は、ジャニーズ事務所所属『嵐』のメンバーです。

愛称は「ニノ」と呼ばれています。

二宮さんは、アイドルとしても大人気ですが、俳優としても人気が高く演技も評価されており数々の賞を受賞されています。

4月から始まる話題のTBSのドラマ、『ブラックペアン』で主人公・渡海征司郎を演じることになっています。

そんな二宮さんは、女優の長澤まさみさんとの熱愛報道が大きな話題になりました。

長澤まさみさん(30歳)といえば、こちらも4月から始まったフジテレビのドラマ、『コンフィデンスマンJP』で主演を務めるなど人気女優ですね。

今回は、二宮和也さんと長澤まさみさんの熱愛について検証してみます。

二宮和也と長澤まさみはドラマ共演から熱愛に発展!

お二人は、2005年にフジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された『優しい時間』で共演されました。

主演は寺尾聰さん。『北の国から』で有名な倉本聰さんが原案・脚本を手掛ける話題のドラマで平均視聴率 14.9%という、今のフジテレビのドラマでは信じられないような視聴率を獲得しています。

<スポンサードリンク>

二宮さんは、主演の寺尾聰さんの一人息子役。長澤さんは、寺尾さんが経営する喫茶店「森の時計」の従業員役。

ドラマでは次第に惹かれ合い恋人になるお話なのですが、現実でも次第に惹かれ合うようになったみたいです。

2007年に日刊スポーツがお二人の熱愛をスクープしました。

2人は05年のフジテレビ系ドラマ「優しい時間」での共演をきっかけに交際をスタート

「自然と愛情が芽生えたようにドラマ収録後から、交際が始まった」としている。

同紙によれば、トップアイドル同士の交際とあって、周囲からの視線を避けていたが、お互いに高級住宅街に引越し、近所同士になって「2人の時間を少しでも増やす環境づくり」をしているというのだ。

ただし、結婚の予定は無いという。

当時、長澤まさみさんが20歳。二宮和也さんが24歳。

当時から大人気のお二人の熱愛報道ですから大きな話題となり、嵐ファン、長澤まさみファンの両方から大きなショックを与えるニュースとなりました。

お二人は、半同棲との報道もあり、一時は結婚の噂もありましたが、2010年に破局したと報じられました。

ドラマの共演で急接近した二宮和也さんと長澤まさみさん。交際がはじまったとスクープされた2007年8月から約3年が経った2010年7月に「週刊女性」によって「二宮和也さんと長澤まさみさんの破局」が掲載されました。

その原因は二宮和也さんの浮気ではないかと言われているのですが、それについてはこちらの記事で書いていますので良かったらご覧ください。

【関連記事】二宮和也があの女優と浮気で長澤まさみと破局!?浮気の真相がヤバい

そんなお二人は、二宮さんのレギュラー番組『VS嵐』で度々共演されています。

 

二宮和也と長澤まさみが共演したVS嵐がやばい!

二宮和也さんと長澤まさみさんは破局後に3度「VS嵐」で共演されていますが、そのどれもが話題になっていますので1つ1つ紹介していきたいと思います。

<スポンサードリンク>

 

8年ぶりの共演時

二宮さんと長澤さんの共演は、実に8年ぶり

共演NGとの噂がありましたが、長澤さんの出演する映画のプロモーションのためにVS嵐に出演しましたが、お二人の共演は放送前から大きな話題になりました。

長澤は自身が出演する映画「海街diary」のプロモーションのために、綾瀬はるか、夏帆、広瀬すずと共に出演。一見、和やかなムードで番組は進行しているように見えた。しかし、ネット上では「(二宮の)様子がおかしい」「絡みづらそうだな」と、二宮を心配する声が次々とあがったのだった。

VS嵐の収録スタジオでは、バラエティー番組にもかかわらず、妙な緊張感が漂っていたそうです。

「番組のなかでもドラマで共演したことなど一切触れず、それどころか二人の会話さえナシ。出演者全員が気を遣っているかのような、妙な緊張感が漂っていました。しかも、二宮が意識しているのが画面からビンビン伝わってくる。一方の長澤はなんとも思っていない様子でしたが(笑)」

二宮さんは、かなり長澤さんを意識して画像でも長澤さんをのぞき込んでる様子がうかがえます。

また番組ではこんな場面も。

「お兄さんにするなら?」と、質問された長澤まさみさんは「潤くんがいいです」ときっぱり。その発言を聞いた二宮和也さんは少しへこんだ様子でした…。

元カノが別の人を選ぶと少し寂しい気分になりますので、彼が凹むのもむりないですねw

 

2度目のbaba嵐共演時

「BABA嵐」とはVS嵐の人気コーナーで、ルールは通常のババ抜きと同じ。時計回りにカードを引いていき、揃った地点で手札から捨てていく。

これを繰り返し、最後にジョーカーを持ったプレイヤーが負けとなります。

このゲームが面白いのは、ただババ抜きをするだけではなく、負けた人が『最弱王』になるまでゲームを続けるということ。

完全な負け残り制で、予選で負けた4人が当代の最弱王(最弱王はシードで決勝から登場)と決勝戦で戦い、最後に残った人物に『最弱王』という不名誉な称号が与えられる。予選に1組につき1人は嵐のメンバーが配置されている。嵐以外のプレイヤーが最弱王になった場合、次の大会にも必ず出場しなければならない。

2017年の『VS嵐』新春SPの「BABA嵐」で、長澤まさみさんが予選第1試合から負け上がり、二宮和也さんが予選第4試合から負け上がると、最弱王決定の決勝戦で二人が一緒にババ抜きをすることになります。

そうなれば、お互いがどんな会話をするのか注目を集め、高視聴率になると予想されましたが…。

結果から言うと二人が対戦することはありませんでした

予選第1試合で長澤まさみさんは最後の2人に残ってしまったものの最後の最後で長澤さんが勝ち決勝進出はなりませんでした。

そして、このゲームに強い二宮さんも勝ち、二人が直接絡むことはなく、会話もせず「BABA嵐」は終了しました。

スタジオ収録では、同じ空間に二宮と元カノの長澤まさみがいたわけだが、出演者の数も多く、二人が直接言葉を交わすシーンはなかった

少しでも会話があれば盛り上がったでしょうから残念ですね。

 

3度目の共演時

3度目の共演は、2017年9月14日に映画『散歩する侵略者』のPRとして主演の長澤まさみさんが出演。

その冒頭から二宮和也さんは長澤まさみさんのことを避けてしまったようです。

番組冒頭、長澤が映画の紹介をしている最中に嵐の5人のカットが映ったのだが、大野智(36)、櫻井翔(35)、相葉雅紀(34)、松本潤(34)は長澤に顔を向けているにも関わらず、二宮だけはそっぽを向いて長澤から一番遠い場所に位置を取って一言も発することはなかった。

上の画像がその時の画像ですが、完全に二宮和也さんだけが他のメンバーとは違う方向を向いていることがわかりますねw

さらに他の場面でも彼は終始彼女と絡みづらそうな様子だったようです。

長澤が天然なことを言ってみんなが笑っている場面でも、二宮は俯いてつまらなそうに身体を揺らして終始ノーリアクション。長澤のトークには基本的に櫻井が対応して、時折松潤もツッコミを入れたりして介入していた。『散歩する侵略者』チームが長澤の好きなデザートを食べてまったりしている時には、ゲームスタンバイ中の相葉が「重いんだから早くしてよ!」とツッコんで笑いを誘い、長澤と1VS1の対決をするゲームでは大野が相手となった。

このように彼以外のメンバーは何かしら彼女との絡みがあった上に、彼自身も普段ならば積極的にゲストに絡むタイプのため、露骨に彼女との絡みを避けているように映りファンから厳しい声が

放送中からTwitterでは「ニノの態度ヤバすぎじゃない?」「まーたニノが黙っちゃてるよ」「長澤まさみは普通なのにニノだけが気にしてる感じで子供っぽいwww」「もう時効だって、普通にしなよ」と二宮の不自然な態度を指摘するファンの声が続出。

二宮さんが長澤さんを意識しすぎて、番組なのに変な雰囲気になってしまったというのです。

嵐ファンは熱狂的な人が多いことで有名ですが、ファンの方が冷静になるほど感情を態度に出してしまうと良くないかもしれませんね。

演技に定評のある二宮さんですし、次の共演では自然な態度になるように振舞うかもしれませんね。

次の共演も注目です。

<スポンサードリンク>

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*